スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐF1アブダビGP

今週末、今年のF1世界選手権最終戦・アブダビGPが開催されます。
今年からレギュレーションが一気に変更になり、開幕前からどのようなシーズンになるか、様々な予想が乱れ飛びましたが、此処まで18戦、非常に面白い展開となりました。

現時点でワールドチャンピオンになれる可能性が残っているのは4人。
?フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)246ポイント
?マーク・ウェバー(レッドブル)   238ポイント
?セバスチャン・ベッテル(レッドブル)231ポイント
?ルイス・ハミルトン(マクラーレン) 222ポイント

今年からポイント制度が変わり、各レースで優勝者は25ポイント、2位に18ポイント、以下15、12、10、8、6、4、2、1ポイントと10位までが入賞ということになりました。

2004年までは、当時フェラーリに在籍していたミハエル・シューマッハ選手が圧倒的な強さで他を寄せ付けず、最終戦を待たずにワールドチャンピオンを決めると云う状況が続いていました。
そのシューマッハ選手を引退に追い込んだのが現在ランキング1位のアロンソ選手です。
アロンソ選手が2年連続でワールドチャンピオンに輝いた後は、群雄割拠の状態が続き、毎年のようにワールドチャンピオンが変わっていました。
今年も、昨年ワールドチャンピオンのジェンソン・バトン選手が最終戦を前にチャンピオン争いから脱落し、またワールドチャンピオンが変わることになりました。

ウェバー選手、ベッテル選手の2人が所属するレッドブル・レーシングは、ドリンク剤「レッドブル」のメーカーが参戦してきたチームで、もともと自動車会社ではないにもかかわらず、今年のコンストラクターズタイトルをすでに手中に収め、さらにダブルタイトルを狙っています。

4位のハミルトン選手は、名門チームマクラーレンの秘蔵っ子として2007年のデビューイヤーで年間2位、翌年は最終戦の最終コーナーでワールドチャンピオンに輝き、これからの活躍も期待される選手です。

ここ数年、最終戦までもつれ込む戦いが多く、今年も4人によるタイトル争いは熾烈をきわめています。

さらに見逃せないのが、日本人ドライバー・小林可夢偉選手の活躍です。
昨年のラスト2戦で当時参戦していたトヨタからF1デビューを果たし、参戦2戦目で初入賞。今年はさらなる活躍が期待されましたが、何とトヨタが資金難からF1を撤退、一転してシートを失います。
その後、ザウバーのシートを何とか獲得したものの、ザウバーのマシンは戦闘力に難があり、特に直線速度が伸びないという決定的な弱点に悩まされ、また信頼性等の問題から今シーズン序盤はリタイヤを繰り返していました。
しかし、第7戦トルコGPで今シーズン初入賞を果たすと、その後も入賞を重ね、現在ドライバーズランキング12位と云うポジションです。
特に、第16戦日本GPではレース終盤に猛烈な追い上げを見せ、次々とオーバーテイクを披露し、改めて世界に小林可夢偉の名を轟かせました。

F1と云うのは、はっきり云って乗っているマシンでほぼ勝負が決まり、今年もトップチームと比べると、ザウバーはいわば「木製バットで金属バットのチームと野球している」ような状況です。
マシンの戦闘力を考慮すると、小林選手の活躍は本当に素晴らしい。
さらなる飛躍が期待されます。


日本時間の日曜日の夜、アブダビGPが行われます。
泣いても笑っても、この一戦で今シーズンのすべてが決まる、大事なレースです。
見応えのあるレースになることを期待して、今から非常に楽しみです。

テレビでは、フジテレビ系列で日曜日の深夜に放送があります。
ぜひ、一度見て、モータースポーツの面白さを感じてほしいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

某

Author:某
大学生。色白&病弱&メガネ&人見知り。萌え要素は揃ってるが、男なので可愛くはない。

中島みゆきとF1をこよなく愛する、些かずれた奴。つきあってればどこか変だとわかる。

基本いい人。気軽に友達になってください。人見知り克服のためにも。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。