スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島みゆき「帰省」

「帰省」
作詞・作曲:中島みゆき、編曲:瀬尾一三

歌詞はこちら

基本情報
・中島みゆき28枚目のアルバム「短篇集」(2000年11月15日発売)に収録された曲。
・由紀さおり・安田祥子姉妹に提供した楽曲のセルフカヴァー曲。


ホントに久々の音楽記事です。
この時期に合った曲があったので、紹介します。


「遠い国の客には笑われるけれど
押し合わなけりゃ街は 電車にも乗れない
まるで人のすべてが敵というように
肩を張り肘を張り 押しのけ合ってゆく」

特に大都会に出て行った皆さんは、この感じ、よくわかるのではないでしょうか。
某の偏見かもしれませんが、都会の電車というのはなんだか殺伐とした、戦場のようなところというイメージがあります。
あれ、降りたい駅でちゃんと降りられるんですか?
某の利用する私鉄の市内電車は、1両編成しかなくまたワンマン車両で小さいので、混んでるときには出口付近に行くのが一苦労。
それで停車に時間がかかってまた遅れる…なんて悪循環に陥ったりもしてますが。

また、海外から日本に来た方が興味を持つものの一つが、「満員電車」だそうです。
ラッシュアワーの東京・新宿駅なんかは、もはや殺人的なものがあります。
大阪でそれに手を焼いた鉄道会社のアイディアから自動改札が生まれた、なんて話は「プロジェクトX」でやってました。
海外ではあまり見られないから、「遠い国の客には笑われる」のでしょうか。


「けれど年に2回 8月と1月
人ははにかんで道を譲る 故郷(ふるさと)からの帰り
束の間 人を信じたら
もう半年がんばれる」

都会暮らしですさんだ人々の心が、年に2度だけふっと、人間的な優しさを取り戻す時があります。
それが、お盆と正月の帰省の時期。
故郷へと向かう列車の中で、普段なら無視を決め込むお年寄りに席を譲るような光景が目に浮かびます。
そんな優しさを、故郷は思い出させるのかもしれませんね。


そして、2番の歌詞の中にそっと差し込まれている一節があります。

「人は多くなるほど 物に見えてくる」

某の持つ、都会のあまり優しくないようなイメージというのは、ここからきているのかもしれません。
日本の、特に大都会は、経済的には豊かでモノがあふれ、人の集まる土地になっています。
しかし、本当に大勢の人の集団を見ると、それを構成している一人一人のことなんて誰も気に留めなくなります。そんなことができる人数ではないからです。
そして、物に見える人に優しさや注意を払う人なんてあまりいません。
結果、周りに人は大勢いるのに、なぜか自分一人しか人がいないような、妙な感じに陥るのです。


某には、この言葉がとても深く心に突き刺さりました。
何よりこの歌がすごいのは、こういうメッセージをとても平易な言葉でさらっと表現しているところだと思います。
簡単な言葉で様々な本質をついている、そんな深い歌だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

某

Author:某
大学生。色白&病弱&メガネ&人見知り。萌え要素は揃ってるが、男なので可愛くはない。

中島みゆきとF1をこよなく愛する、些かずれた奴。つきあってればどこか変だとわかる。

基本いい人。気軽に友達になってください。人見知り克服のためにも。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。